赤ちゃんにもお母さんにも使いやすいベビーベッドの工夫とは

赤ちゃんが生まれるご家庭でまずそろえようとするのがベビーベッドではないでしょうか。赤ちゃんのいるご家庭には設置されていることが多いです。床に寝せていて床のほこりを吸わせてしまうのが心配という場合や、他の子供が歩き回っている時になどに踏まれてしまう事を防ぐといった時に、独立した寝場所があるという事は役に立ちます。高さがあることで腰をかがめずにお世話ができるという点も大きなメリットといえるでしょう。便利なものではありますが、選び方によって使いやすかったり使いにくかったりという違いが生まれてきます。少々お値段が張るものですから、購入時には赤ちゃんが快適に過ごすことができ、お母さんはお世話が楽になるような、使いやすいものを選んでいきたいものです。

普段使っている時に便利な工夫とは

赤ちゃんが寝る場所ではありますが、そこでおむつ替えや着替えなども行います。赤ちゃんにお母さんの手が届きやすいような工夫が必要です。転落防止のために柵がついていることがありますが、柵が高いと安全性が高い反面、お母さんが手を入れて作業することが難しくなります。赤ちゃんに面している部分の柵を取り外しやすいような仕組みになっているものだと、使うときだけ柵を外し、普段は柵を付けておくということができます。一部だけおろすことができるようになっているものもあるので、使うスペースなどに合わせて選びましょう。さらに、ベッドの下が物入れにできるようなものもあります。スペースの狭いお宅ではベビー用品の収納にも一苦労です。スペースの有効活用ができるとお世話も暮らしもぐっと楽になるでしょう。

成長してからも使える工夫があるものを

ベビーベッドは使う時期が限られてしまうものです。ある程度成長すれば親と一緒に眠るという事も多いですから、すぐに使わなくなってしまうという事も考えられます。最近では兄弟が多いケースも少ないですから、すぐに不要なものとなってしまう事もあります。そこで、ただの不用品にしないで活用したいという場合、成長してからも別の形で活用できるようなものを選ぶとよいでしょう。ベッドの柵を利用して、子供が遊ぶときのスペースを区切るものに使えるというものがあります。幼児期は思ってもいないような動きをするものです。遊んでいると思っていたのに、親を追いかけてしまうケースも少なくありません。キッチンなど危ない場所に子供を入れたくない時期もあるでしょう。そういった時に一定の場所から動かないように使う事もできるのです。