ベビーベッドの種類どんなものがあるか解説します

マタニティーライフを満喫しながら、体も心も親になるという準備をしていきます。育児書を読んで、頭でシミュレーションをしたり、おむつ一つをとっても、どのメーカーが一番いいのだろうと情報収集をしたりすることと思います。7,8か月になり性別も分かり始めたころから、ベビー服などのベビー用品を探し始めるでしょう。様々な情報から、赤ちゃんにとってもお世話をする立場にとっても安全で使いやすいものを選別していく必要があります。そこで、生まれて1年くらいは赤ちゃんにとって生活の場となるベビーベッドの種類を、赤ちゃんとお世話する側の使いやすさも含めて解説していきます。赤ちゃんと生活する居住スペースや、生活習慣などを考えた上で、納得のいく赤ちゃん用品を選んでいきましょう。

居住スペースによりベッドサイズを考えよう。

日本で売られているサイズは、一般的によく出回っている標準的なタイプで120Cm×70Cmのものです。昔はこのタイプが主流でしたが、マンションなどで育児をする人も多くなり、それよりも小さいミニタイプで90Cm×60Cmのものもよく出回るようになっています。よく躊躇するのがベッドをおくスペースを確保するのが難しいという方がいますが、今では標準的なタイプのものでも、ワンタッチで折りたためるようなものもでているのでその辺りもチェックしましょう。また、寝かせて置く時に家事をすることが多いと思うのですが、いつも様子を見ておきたいというのであれば、家の部屋を移動させることができるミニタイプのものがいいでしょう。このように、お住まいの間取りや生活環境に応じてサイズを考えてみましょう。

ハイタイプとロータイプの違い。

サイズのお話をしましたが、もう一つの違いがハイタイプのものとロータイプのものがあるということです。もちろんこの2種類以外にも、親のベッドと同じ高さに横付けして寝ることができるようなものもあります。板の高さも3段階に調整できるようなものもありますが、一般的に床はほこりが舞いそうという理由で、ロータイプの高さは大人が膝立をした状態でお世話をする高さになります。座った状態で赤ちゃんを眺めることはできますが、お世話をする時には中腰の姿勢で抱き上げることがあるため腰痛持ちの人はしんどいことがあります。ハイタイプのものは、立った状態で赤ちゃんのおむつ換えができるという点ではとてもよいですが、赤ちゃんがつかまり立ちをした時に柵を乗り越えて落ちる危険も考えられます。これらを総合して、赤ちゃんにとって安全でお世話をしやすいものを見つけましょう。

出産準備が楽しくなるようなプレママに向けのマタニティ用品を多数取り扱っています。 ベビービョルンの日本正規販売店として、全アイテムを取り扱っています。 出産準備品を多数取り扱う、国内外ブランドのべビー用品専門通販サイトです。 ご希望の方のみ、メールマガジンで最新情報や会員限定情報をお届けしております。 世界のセレブも愛用している人気ベビー用品ブランドを数多く展開しています。 ベビーベッド人気ランキング掲載!